気になるそばかすにはレーザー治療で撃退しよう

気になるそばかすはレーザーで照射

雀卵斑は適切なケアが必要

鏡を持つ婦人

そばかすの増殖と濃化を防ぐ注意点は、万全な紫外線対策をとることです。そばかすは、美容整形外科や美容皮膚科で解消できます。それは、フォトフェイシャル治療とレーザー照射です。前者の特徴は、光の力を利用している点です。レーザー治療は、黒い色素反応して、瞬時にそばかすを消し去る特徴があります。

読んでみよう

しみとりレーザー治療

先生

くすみが消える治療

そばかすは、しみとは似ていますが違うものです。そばかすは遺伝的要素が強く、小学生あたりから頬や鼻の周りに細かく現れるしみよりも小さな色素沈着です。そばかすは遺伝的なものですが、しみは紫外線の受け方により、遺伝には関係なく現れてくるものです。そばかすがあることでコンプレックスに感じている女性は多いと思いますが、かわいいと思っている人や、元気や明るいというイメージを持っている人もいます。アニメや芸能人でもキャラクターの魅力の一つとして取り上げられており、コンプレックスに感じているのは自分だけということもあるのです。若い女性の間では、そばかすをわざとメイクで作ってかわいく魅せるということも流行しています。しかし本人にとっては悩みの種であるそばかすは、整形で薄くしたり取り去ることができるようになっています。細かいぶつぶつの色素沈着は、しみのようにも見えますし、顔全体がくすんだ印象になりがちです。くすんで見えると、顔色が悪く見えたり、人によっては疲れているように見られたり、不健康なイメージを持たれる場合があります。くすみを取り去ることで、肌のトーンが上がり、明るく見えたり若く見られるようになります。今まで整形することで費用が高くなったり、治療の跡や治療時間などが気になりましたが、近年の整形は費用が安く、治療後すぐに帰宅でき、跡も残らないといった整形治療を安全に行えるようになりました。悩んで表情が暗くなったり、顔をかくしている人は、整形することで気分も明るく前向きになれます。

施術はクリニックか皮膚科

そばかすを消す整形では、美容クリニックか皮膚科での施術を選ぶことになります。どちらを選んでも、医師との問診や診断は必ず行い、その上で適切な治療や施術を行うことに変わりはありません。皮膚科は皮膚に関する病気を治療するところ、美容クリニックは美容の観点から肌をきれいにするといった目的の違いがありますが、どちらを受けても安心して治療を行えます。皮膚科での施術では、保険適用をするか否かで治療内容も異なります。元々皮膚にトラブルや疾患がある人は、皮膚科を受診されたほうがよいこともあります。アトピー性皮膚炎やアレルギーなどがあれば、事前に伝えましょう。美容クリニックでの整形施術では、レーザー治療が中心となります。そばかすやしみなど、色素沈着している部分へレーザー光線をあてていきます。レーザーを当てると、患部が熱をおび色素が分解されることでそばかすやしみがかさぶたのように浮き出てきます。治療時間も短時間で痛みもありません。かさぶたになった部位がはがれると、きれいな肌が現れます。そばかすやしみなどはレーザー治療がとても有効で、何回かレーザーを照射することで肌がきれいになっていきます。しかし保険の適用がきかないため、治療費は皮膚科に比べると割高になる傾向にあります。今ではプチ整形など、費用や回数を決めたコース料金の設定などもあるので、それぞれのクリニックを調べてみることをおすすめします。レーザー治療後のアフターケアなどを行っているクリニックを選ぶことも大切です。

シミや黒ずみの解消

目を閉じる人

美容整形外科でシミ取りレーザーやフォトフェイシャルの施術を受けると、シミやそばかすを解消することができます。2mm程度の大きさのシミを解消するにはレーザー治療が適しており、顔全体に広がっているそばかすの解消には、フォトフェイシャルやオーロラが最適です。

読んでみよう

肌の悩みの治療法

2人のドクター

美容整形外科では、肌のそばかすの悩みに対してレーザー療法・再生療法・処方薬が用いられます。これらの治療法は日帰りが可能など負担が少ない点が特徴的で、そばかすが初期の段階では予防効果も発揮します。体質からくる症例には飲み薬が処方され、豊富な治療法を理由に美容外科でのそばかす治療が人気です。

読んでみよう