気になるそばかすにはレーザー治療で撃退しよう

女の人

雀卵斑は適切なケアが必要

鏡を持つ婦人

紫外線対策を万全に

そばかすは、鼻から頬にかけて広がる小さなシミのことを指します。そばかすは、適切な紫外線対策を行えば、増殖と濃化を防ぐことができます。そばかすは、肌を守るメラニン色素が反応して発生します。そのため、メラニン色素を活性化させないように、できるだけ紫外線を浴びないように心がけます。たとえば、外出する際は日焼け止めを塗って帽子をかぶるなど、肌を日光にさらさないように注意します。そして、一日の終わりには、紫外線クリームの成分を完全に落とす点も重要です。紫外線クリームの成分が肌に残ると、肌トラブルを引き起こします。また、そばかすがある人は、身体にもシミができやすい傾向にあります。そのため、首・腕・脚などの紫外線ケアも欠かせません。半袖で外出する際は、薄手のカーディガンを羽織ると効果的です。さらに、過度なセルフケアを避けるように気を付けます。そばかすはシミの一種なので、念入りなスキンケアによって解消できると考える人もいます。しかし、ほくろと同様で、自力で消し去ることはできません。そばかすを気にして、いろいろな手入れを試すうちに、肌荒れを誘発する事態も発生しています。ピーリング剤は、古い角質をオフして肌の再生を助けます。しかし、頻繁に使用すると肌の表面に傷がついて、色素沈着が発生することがあります。シミ消しなどのケア商品も同様です。いろいろなアイテムを試すうちに、肌が疲れてトラブルを起こしてしまいます。そのうえ、人によっては、特定の成分にアレルギー反応を起こす場合があります。

レーザーや光の力で除去

そばかすは、美容整形外科や美容皮膚科で消し去ることができます。美容整形外科や美容皮膚科におけるそばかす治療の特徴は、レーザー照射やフォトフェイシャル治療を用いる点です。美容整形外科では、おもにフォトフェイシャル治療を導入しています。フォトフェイシャルの特徴は、光の作用で肌の真皮に働きかける点です。そのため、照射直後は見た目に変化はありません。しかし、一週間ほど経つと、皮膚の新陳代謝とともにそばかすが剥がれ落ちていきます。そして、照射を繰り返すうちに、そばかすを完全になくすことができます。また、フォトフェイシャルは、コラーゲンの生成を促す効果を有しています。よって、そばかすの解消とともに、肌自体が美しくなるメリットがあります。美容皮膚科では、レーザー照射を活用してそばかすを消します。レーザーには、黒い色素に反応する特徴があります。そのため、そばかすの黒い色素に対して効果を発揮します。施術時には痛みや熱さを感じますが、一度の照射でたいていのそばかすを除去できます。最近では、肌にやさしい医療用レーザー機器が登場しているゆえ、照射後の赤みやほてりを最小限に抑えられます。一部の美容整形では、最新のレーザー機器をいち早く採用して、より効果の高いそばかす治療を展開しています。レーザー治療とフォトフェイシャル治療のどちらにおいても、ハイドロキノン入りのクリームやトラサミンを配合した錠剤を服薬します。これらは、肌の新陳代謝機能を助ける働きがあります。それによって、早期にコンプレックスのない肌に整えることができます。