気になるそばかすにはレーザー治療で撃退しよう

女の人

シミや黒ずみの解消

目を閉じる人

顔のシミやそばかすなどの色素沈着は、化粧で隠すだけでは根本的な解決にはなりません。化粧品を使ったスキンケアだけで皮膚の色素沈着を解消することは難しいので注意が必要です。シミやそばかすを根本的に治療するには、美容整形外科で美肌治療を受けることが必要になります。美容整形外科の美肌治療はいろいろあり、施術の内容によって効果の持続時間や料金が違ってきます。どの施術で治療を行うかについては医師とのカウンセリングで決定されるので、カウンセリングの際には自分の希望を正確に伝えることが大切です。美容整形によるシミやそばかすの治療法には、シミ取りレーザーや光治療、ケミカルピーリングなどがあります。シミ取りレーザーはシミやそばかすだけでなく目の下のくま治療にも有効で、皮膚の色素沈着が解消します。シミ取りレーザーは美肌治療にとても有効ですが、レーザーだけで全ての美肌治療ができるとは限らないので注意します。顔全体がくすんでいたり黒ずみが広範囲に点在している場合は、シミ取りレーザーよりも光治療の方が適しています。広範囲に及んでいるシミやそばかすの治療には、フォトフェイシャルによる光治療が最適で、顔全体に透明感が戻ってきます。加齢による顔のくすみの解消もフォトフェイシャルが適しており、くすみが目立たなくなります。シミ取りレーザーもフォトフェイシャルも術後のケアが重要になるので、術後は医師から告げられた注意事項をしっかりと守るようにします。肌に異常な症状が現れた場合には、速やかに医師に連絡することが必要です。

シミや黒ずみ、そばかすなどを解消するには、美容整形外科に通院すると医師による治療が受けられます。シミやそばかすはエステサロンでフェイシャルトリートメントの施術を受けると目立たなくなりますが、フェイシャルトリートメントの美肌効果は一時的なものです。美容整形外科の美容治療は医学に基づく医療行為であるため、一時的な効果ではなく永続的な効果が得られる点でメリットがあります。美容整形で治療をすると永続的な効果が得られる理由は、シミやそばかすの根本的な原因のメラニン色素を破壊できるからです。皮膚に沈着しているメラニン色素を破壊する方法には、レーザー治療や光治療などがあります。レーザー治療と光治療の違いは、レーザー治療はピンポイントでメラニンを破壊することができ、光治療は顔全体に薄く広がっているメラニン色素を破壊できる点にあります。2mm程度の大きさのシミを解消する場合には、光治療よりもレーザー治療の方が適しています。レーザー治療は大きなシミをピンポイントで解消することができ、気になるシミを完全に消すことが可能です。そばかすが顔全体に広がっている場合には、光治療のフォトフェイシャルで綺麗な肌にすることができます。顔全体のシミやくすみの解消には、オーロラによる光美白も優れた効果が得られます。オーロラもフォトフェイシャルと同様の光治療の一種で、光と高周波の相乗効果によってフォトフェイシャルよりも優れた美白効果を発揮します。オーロラは毛穴ケアにも最適で、開いた毛穴を閉じて肌全体を引き締めます。